元夫を一度冷静に見てみる

3人かウェディング05ら4人に1人の割合で離婚が発生している一方で、再婚も増えています。そうした中で、再婚相手として元夫という選択肢はどう考えるべきでしょうか?1度は結婚した相手ですから、長所も短所も分かっているので、2度目はうまくいく場合も考えられます。その一方で、離婚原因によっては、決して相容れないとも考えられます。どちらとも正解といえますが、まず復縁を決断する前に、今一度冷静に考えることから始まります。
そもそも、なぜ離婚に至ったのかを再確認してみましょう。ちょっとした価値観の不一致や思い違い、すれ違いが積み重なっての上での離婚であれば、現在はその離婚原因が解消されているのか確認しておく必要があるでしょう。年月が経ち、双方が成長し、お互いに寛容な気持ちになっているのであれば、復縁もうまくいくでしょう。
離婚原因によっては、復縁を考えない方がいい場合もあります。典型的な例が暴力と必要以上の詮索です。この行動は年月が経ったからといって、決して修正されることがないからです。また、生命の危険や著しい精神的苦痛を伴うものなので、現状がどうであれ、復縁まで進めない方がいいでしょう。離婚に至った過去と現状を冷静に分析することが大切です。

Comments are closed.