離婚と復縁

 

ウェディング01離婚をしても、片方、もしくは双方がなんとか関係を修復して復縁をしたいという場合は、別れた際の状況が大きく関係してきます。修復の可能性が見込める場合は、メールや電話などで、直接双方が連絡をとれる状態であることがポイントです。また、財産分与や、お金のことなどについて、要求がない場合も修復がしやすいポイントとなっています。その他にも、別れた相手のご両親が自分の味方になっている場合や、共通の友人が味方になってくれる場合、別れた後の生活設計が具体的に動いていない場合などが修復をしやすい状態といえます。どちらかの不貞によって別れた場合や、お互いが安定した収入を得ており、生活を自立して行える場合や、妻、もしくは夫という立場自体から解放されたいという理由から別れに至った場合は修復が難しい状態と言えるでしょう。また、夫婦間に子供がいない場合も別れやすいポイントとなっています。ですが、不貞が原因の場合は、夫、もしくは妻の相手に直接損害買収請求などを行うことで、具体的な関係が壊れる場合も多くあり、修復をすることができる可能性があります。話し合いで修復をすることが難しい場合は、具体的な方法を使って現実を動かしてみると、気持ちもそれにあわせて変化をしていく傾向にあります。その結果、元の関係に戻る可能性が高くなります。